サニフロア

全ステンレス溶接構造床サニフロア。

サニフロア

概要

全溶接構造ですので、継ぎ目からの漏水がなく防水性に優れています。下地架台を必要としないので、既設の建物にも対応できます。

従来のステンレス床の工法
ステンレス床を固定するための下地材が必要になります。
その下地材のために2重にコンクリートが必要になります。
コンクリートが2重に必要なため、既設の部屋には適用できません。
床の固定が下地材のみなので、ステンレス床面は浮いた状態です。

特長

  • 短い工期
    サニフロアは下地補強が不要です。また、補強取付け工事・モルタル充填工事も不要ですので、短い工事期間で施工が可能です。
  • 既設の施設に対応可能
    床面改修工事でのステンレス化が可能です。
  • ステンレスの密着性
    ステンレス床面とコンクリートとを接着していますので、歩行に違和感がありません。
  • 衛生的
    清掃が容易で、雑菌・カビの発生を防ぎます。
  • メンテナンスフリー
    耐摩耗性・耐久性に優れ、メンテナンスフリーでランニングコストが不要です。
  • 防水性能
    溶接構造ですので、防水性能を発揮します。
  • 経済的
    2重コンクリートが不要ですから、トータルコストが下がります。

製品事例