エキスパンション ジョイント カバー Kシリーズ

建物の内装意匠をそこなわない。
内装用エキスパンション ジョイント カバー「Kシリーズ」として、ご要望の多いクリアランス50㎜~200㎜の範囲を標準化しました。

Kシリーズ

概要

スッキリした仕上りを実現

  • 内装が、従来のようにエキスパンション ジョイント カバーで中断されること無く、スッキリした連続的な仕上がりになります。
従来のタイプ Kシリーズ(天井・内壁・床)
従来のタイプKシリーズ(天井・内壁・床)

特長

スムーズな動き

  • カバー本体の可動機構は全て内蔵です。
  • ローラーとローラー受の組合せ構造(PAT.)により、スムーズな動きが得られます。

組合せ自由

  • Kタイプの床や天井ボーダータイプとの組合せも可能です。

コーナー役物不要

  • 内壁用、天井用にはコーナー役物が不要になりました。
    ※床用にはコーナー役物が必要です。

見切材や縁材の食違いがない

  • 内壁の150㎜・200㎜タイプのコーナー部とストレート部の納まりは、AKS1-20NBのようなB型を組み合わせることにより、見切材や縁材の食い違いがありません。
  • 天井の150㎜・200㎜タイプのコーナー部とストレート部の納まりは、取付位置をズラせることにより、見切材や縁材の食い違いがありません。
pasp19

製品事例

施工例