ステンレス製配水池

100%リサイクルでき、耐震性・耐久性に優れ、いつまでも清潔。

ステンレス製配水池

概要

UACJ金属加工は、多くのステンレスプール・タンクの施工実績から、その豊富な経験と溶接技術をいかし、この度、上水道のステンレス製の配水池・受水槽を開発いたしました。
ステンレスは弾性に富み、耐震性・耐久性に優れ、ほぼ100%リサイクルできる環境にも優しく、皆様の安全な飲料水の確保と、緊急時のライフラインの確保に最適な材質です。
ステンレス製配水池の内部は塗装の必要もなく、劣化の心配もない、清潔で安全な貯水槽です。
従来の角形水槽は、屋根部は強度確保のためにアーチ型が一般的ですが、日常のメンテナンスを考えれば、作業し難いという欠点がありました。
UACJ金属加工の安心池は、屋根に歩廊を取付けたメンテナンスや作業をされる方にも安全で優しい仕様となっております。

特長

  • ステンレスの特徴である、耐震性・耐久性に優れている。
  • 素材の劣化がなく、いつまでも清潔な内部。
  • コンクリート製に比べ、軽量化が達成できる。
  • ステンレスは、ほぼ100%リサイクルできる材質です。

ステンレスの種類について

ステンレス内張工法
ステンレス内張工法
既存のコンクリート製配水池に、ステンレスを内張することもできます。
一般的には、
気相部:SUS329J4L
液相部:SUS316
を使用しますが、仕様により材質の検討
を行い、各物件でご相談承ります。
上図は、一事例を示します。


※UACJ金属加工の安心池は、水道施設耐震工法指針(社団法人 日本水道協会)に準拠した設計を行い、 日本水道協会検査規定集(社団法人 日本水道協会)に準拠した検査を実施しています。


既存のコンクリート配水池のステンレス内張工法

ステンレス内張工法
ステンレス内張工法
既存のコンクリート製配水池に、ステンレスを内張することもできます。
内張施工は、UACJ金属加工独自の「サニフロア工法」を用い、溶接線・アンカーなどを最小に押さえながら、溶接歪みの少ない施工が可能です。
この「サニフロア工法」は、ステンレス+接着剤+溶接という従来に無い発想によって生まれたものです。

製品事例

ステンレス製配水池 外観
ステンレス製配水池 外観
いつまでも美しい 内部
いつまでも美しい 内部
メンテナンスや作業される方にも優しい 歩廊付きの屋根
メンテナンスや作業される方にも優しい 歩廊付きの屋根