笠木・水切・下端水切

雨仕舞に優れ、施工が簡単。
はめ込み方式による施工の簡略化等が工期短縮に貢献し、結露・
凍害等の防止に優れています。

笠木・水切・下端水切TOP

概要

雨仕舞いにすぐれています

  • 躯体に固定金具で装着する絶縁方式の本体と、はめ込み式ユニットの組み合わせです。
    本体のデザインとジョイント部材の構造は、雨水の流れを考えて設計されています。

特長

自然環境の変化に対応します

  • ユニットの温度変化等による伸縮に対応し、本体に影響を与えにくい設計です。
    また、防水端部からの換気を考えた開放式のため、結露・凍害等の防止に優れています。

省力化を実現 多様なニーズに対応

  • 躯体上部の凹凸を調整するスペーサー付き。
    はめ込み方式による施工の簡略化等が、工期短縮に貢献します。
    また、規格商品やカラーも豊富で、多様なニーズに応えます。
サイズ表
  • ※表中の受は受注生産品です。
  • ※カラー(オーダー色)も受注生産です。
  • ※規格色はシルバー。カラーはブロンズ、ステンカラー、ブラウン、ブラックの4色。
  • ※全て「艶消し」です。
  • ※NKLE135〜350のシルバー色は定尺3,000mmの在庫品もございます。

使われている技術

むね上げ導体システム(アルミニウム用)

むね上げ導体システムはJIS4201(建築物等の雷保護)に基づき、笠木本体のジョイント部をコネクターで接続することにより、笠木本体の電気的接続を可能にし、むね上げ導体システムとしての機能を発揮します。部品・取り付け手順など詳しくは当社カタログをご覧ください。

■適用笠木

笠木幅 175~250
NKLA型
笠木幅 275以上
NKLE型
むね上げ導体システム

製品事例

笠木 NKLE
笠木 NKLE
水切 NLC
水切 NLC
下端水切 NLU
下端水切 NLU